お使いのバッテリはシステムに十分な電力を供給することができなくなっており、交換する必要があります。

こんにちは、コンピュータケア愛媛の菊池です。

今回は「事例紹介」の「PC修理事例」をお届けします。

PC修理事例について

PC修理事例は、当社で修理させて頂いた事例の一部をご紹介させて頂くコーナーです。
「よくあるパターン」から「そんなのも直せるの?」というまで、少しずつ追加予定です。

ご依頼内容

愛媛県八幡浜市のお客様からご連絡を頂きました。
スクリーンショットを送っていただき、確認すると、

お使いのバッテリはシステムに十分な電力を供給することができなくなっており、交換する必要があります。

「こんな画面が出てきたけど、どうしたらいいの?
買い換えになるの?修理できるの?」
というお問い合わせでした。

メッセージの通りで、バッテリーが経年劣化で状態が悪くなったため、交換を促すメッセージでした。

修理か買い換えかで少しお話をしたところ、修理されることになりました。

お問い合わせ日:2023/10/30(月)~
PC修理日:2023/11/03(金)本日

PC情報

メーカー DELL
型番 Inspiron 15 5567
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i5-7200U(第7世代)
メモリ 8GB(4GB×2 増設済み)
ストレージ SSD 240GB 換装済み
その他 以前に当社で高速化修理(SSD換装+メモリ増設)させて頂いたPCです

修理メモ

起動時のメッセージだけなく、そのメッセージを表示している
「DELL Power Manager Lite」を起動すると

バッテリー交換を促すメッセージ

はい、先ほどのメッセージが確認出来ました。
左上が「バッテリ性能:弱」になっています。

メーカー製PC(特にノートPC)では、
メーカー独自の部品を使っていることが多いため、
部品故障の場合は部品が入手できるかどうか?で
修理できるかどうか?が決まります。

※デスクトップPCの場合は比較的汎用部品が使われていることが多いです

そこで交換用バッテリーを探してみたところ、
おなじみの部品店に、
この型番向けのDELL純正バッテリー在庫が見つかりました。
ということで、即注文。
2日後に届きました。

その後、お客様に部品入荷のご連絡。
部品入荷までの間、PCをお使いになるお話で、一度返却していましたので、再度持ち込みいただきました。
PCを分解してバッテリー交換を行いました。

DELL Inspiron 15 5567 分解1

DELL Inspiron 15 5567 分解3

参考:バッテリーの型番は「WDX0R」でした。

バッテリー交換後、ネジを締める前に、UEFIでバッテリー確認。
OKを確認して、ネジを締めてWindowsを起動。

DELL Power Manager Lite バッテリー交換後

左上が「バッテリ性能:優」に変わりました。
バッチリです。(初期状態で50%ほど充電されていたようです)

前回触らせていただいてから1年以上経過していましたので、当社標準のメンテナンス一式を実施。
バッテリー以外には問題が見つからず、正常。

ということで、即日ご返却(納品)することが出来ました。

お客様はメーカー修理の納期の長さをよくご存じのため、
繁忙期のいま、2~3週間もの間、PCを手放すことは難しい(というか無理)
とのことで、当社の即日修理に大変喜んでいただけました!

お問い合わせ・ご依頼は

当社では パソコン修理 を行っています。
パソコン修理でお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

※ブログ記事に関する無料サポートは行っておりませんので、サポートをご希望の方は有償サポートをご利用くださいませ。