Press Y to reset fTPM, if you have BitLocker or encryption-enabled system...

こんにちは、コンピュータケア愛媛の菊池です。

今回は「事例紹介」の「PC修理事例」をお届けします。

PC修理事例について

PC修理事例は、当社で修理させて頂いた事例の一部をご紹介させて頂くコーナーです。
「よくあるパターン」から「そんなのも直せるの?」というまで、少しずつ追加予定です。

ご依頼内容

先週 2024/01/20(土)に頂いたご依頼です。
前日まで何ともなかったのに、当日パソコンの電源を入れたら突然意味が分からない英語のメッセージが出て、パソコンが起動しなくなったとのご一報でした。
どんなメッセージなのか見てみないと何も分からないため、スマホで写真を撮って送って頂きました。(上記)

PC情報

メーカー:DELL
PC型番:Inspiron 15(Ryzen 3 5425U・8GBメモリ・256GB SSD)
OS:Windows 11 Home

初期診断から修理の流れ

▼エラーメッセージの文字起こし

Press Y to reset fTPM, if you have BitLocker or encryption-enabled system, the system will not boot without a recovery key
Press N to keep previous fTPM record and continue system boot, fTPM will NOT be enabled with new CPU unless fTPM is reset
(reinitialized), you could swap back to the old CPU to recover TPM related keys and data

▼当社訳

fTPM をリセットするには Y を押してください。もしあなたのPCが BitLocker などの暗号化システムを有効にしている場合、リカバリキーがないとPCが起動しなくなります。
以前のfTPMを保持して起動を続けるならNを押してください。その場合、fTPMをリセットして初期化するまで新しいCPUではfTPMは有効になりません。あなたは古いCPUに戻してTPM関係のキーやデータを回復することもできます。

fTPMとは、firmeare Trusted Platform Module の略で、Windows11のシステム要件の1つ「TPM2.0」に対応するためのソフトウェアTPMです。
TPMの解説をしていると長くなりますので、詳しく知りたい方は下記の記事などをご覧ください。

【特集】Windows 11で必須になった「TPM 2.0」って何?TPMの役割や確認方法を紹介 – PC Watch

ざっと「こんな意味のメッセージです」とお伝えさせて頂きましたが、お客様の方でCPUを交換された訳ではないことはすぐに分かりました。

お客様曰く「Yを押してもNを押しても進まない。電源を入れ直しても進まないのでどうしようもない。」とのことでした。
市内のお客様でしたので、当社に持ち込みして頂きました。

当社が手元で作業をすることで、先に進めることが出来て、ひとまずPCが起動出来ました。

BitLocker や TPM 周りでのPC修理は昨年末にも別のお客様で対応させて頂いたところでした。

OSは Windows11 Home ですが、メーカーが(勝手に)BitLockerを有効にして出荷しているため、発生したトラブルとも言えそうです。

お客様は「BitLockerって何?」でしたので、
BitLocker自体のご説明をざっとさせて頂いてから、
BitLockerを解除する場合のメリットとデメリットをお伝えしたところ、
「BitLockerというのを解除してほしい」という話になり、
BitLockerを解除した上で、
他にも発生しそうな問題を見つけて合わせて対処させて頂きました。

他社のPC修理や、メーカーのPC修理では、長期間かかることが一般的です。
その場でPC修理が完了して、お客様「ちょうどこれから確定申告の時期で、一年で一番パソコンを使う時期なので、すぐに直してもらってとても助かりました!」と、大変喜んで頂けました。
(上記の修理+解説+お客様が気付いていなかった問題の追加修理まで込みで1時間弱)

お問い合わせ・ご依頼は

当社では パソコン修理 を行っています。
パソコン修理でお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

※ブログ記事に関する無料サポートは行っておりませんので、サポートをご希望の方は有償サポートをご利用くださいませ。