Windows 7 End of Support

米国時間2020/01/14(日本時間2020/01/15)は Windows 7 の延長サポートの終了日です。
久しぶりに Windows 7 記事をお届けします。

こんにちは、コンピュータケア愛媛の菊池です。

当社のお客様(特にパソコン修理をご依頼頂いた方)には、納品文書の1つとして「マイクロソフトのサポート終了スケジュール表」を差し上げてご案内をさせて頂いていますので、既にほとんどの方が Windows 7 のご利用を終えているのですが、Windows 7 を現役でご利用中の新規のお客様のお問い合わせがここ1ヶ月以内に増えました。

Windows 7 のサポート終了について改めてまとめておきますので、ご参考になると幸いです。
(下記以外のご質問があれば お問い合わせフォーム からお送り頂ければブログに追記する形でご回答させて頂きます)
(電話での技術的なご質問はサポート契約を結んで頂いている場合を除いてお受けしておりません)

Windows 7のサポート終了はいつですか?
米国時間2020/01/14(日本時間2020/01/15)です。
サポート終了すると、どうなるのですか?
OS(Windows 7自体)に不具合が見つかっても、修正されなくなります。
サポート終了すると、パソコンが動かなくなるのですか?
パソコン自体は動きます。あくまで不具合の修正がされなくなるだけです。
ただし、インターネットに接続しての利用は危険が伴うため、オフライン(インターネットから外した状態)でご利用されることをお勧めします。
※例えばOffice専用PC(Word専用PCやExcel専用PC)として利用される場合などは、PC自体が故障するまで無期限で利用できます。
どうしてサポート終了するのですか?
マイクロソフトはOSのサポート期間を10年と定めていて、その10年になるからです。
(パソコンの世界はドッグイヤーと言われるほどスピードが速いため、パソコンの世界の10年は人間の世界の70年に相当すると例えられています)
今から Windows 10 にアップグレードできますか?
Windows 10発売直後1年間の無償アップグレードキャンペーン期間中に一度でもWindows10にアップグレードしていたPCであれば(うっかりミスでアップグレードしてしまった場合や、Windowsが勝手にアップグレードしてしまった場合も含む)、現在 Windows 7 に戻していても、今からでも無償でWindows10にアップグレードすることができます。
さらに延長できる話をどこかで見たのですが?
次の2つの条件を満たす場合に限り、有償でさらに3年間だけ
特別な追加延長「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」を受けることができるようです。
【条件1】企業ユーザー(法人ユーザー)であること
→ 個人ユーザーは対象外です
【条件2】エディションが企業向けの Windows 7 Professional または Windows 7 Enterprise であること
→ 個人向けエディションの Windows 7 Home Basic や Home Premium は対象外です。
【注】料金は公表されていないようですが、1台50ドル位(1年目)らしいです。
注意すべきは2年目は×2、3年目は×3らしいので、もし50ドルだった場合は、3年間の累計で
50+100+150=300ドル(ドル円が¥110だと¥33,000)になるため、普通にWindows 10 OSを購入するよりも高額になります。
今のWindows 7をWindows 10にアップグレードするのと、新品の Windows 10パソコンを購入するのと、どちらがお勧めですか?
一般的には(機械自体も古くなっていると思いますので)新品の Windows 10 パソコン購入がお勧めです。
ただし、Windows 7 でしか動作保証されていないアプリ(特に業務ソフト)をお使いの場合はケース・バイ・ケースになります。
コンピュータケア愛媛さんにアップグレードを依頼することは可能ですか?
その場合の料金はいくらですか?
もちろん可能です。料金は次の通りです。

■料金表(税込)(出張料や宅配便料金は別途)

項目 料金 備考
基本料金
(作業費)
¥16,500 作業前点検料¥5,500、成功報酬¥11,000
※追加作業が必要で追加料金がかかる場合は、作業前点検後にお伝えします。
OS代金 ¥0~¥19,360 無償アップグレード期間中に一度アップグレードしていたら¥0
そうでなければ¥19,360

<基本料金に含まれるもの>

  1. アップグレード前にインストールされているソフトウェアがWindows10で互換性があるかどうかの調査
    (調査で万一どうしてもアップグレードできないことが判明した場合は、着手金のみ頂戴して残り半額は返金させて頂きます)
  2. アップグレード前のフルバックアップ(アップグレードで万一予期せぬトラブルが発生しても、アップグレード前に戻すことができます)
  3. Windows 7 → Windows 10 へのアップグレード作業自体
  4. Windows 10 にアップグレードした後の動作確認(最大1時間)※お客様からご指定頂いたアプリを中心に確認します
  5. アップグレード後のフルバックアップ(納品後に万一トラブルが発生しても、納品時点に戻すことができます)
  6. 納品後にアップグレードによるトラブルが発覚した場合で、Windows7に戻すしかない場合のリカバリ作業
    (ケース・バイ・ケースの対応になります。Windows10のまま対応できる場合と、Windows7に戻す必要がある場合の両方があります)

<基本料金に含まれないもの>

  1. 互換性のないアプリが含まれていた場合の対応料金(個別見積)
  2. ご依頼時に申告のなかった周辺機器等が持ち帰り後に問題発覚した場合の対応(別料金にはなりますが、責任を持って対応させて頂きますのでご安心ください)

当社のサービスがあなたのお役に立てることを楽しみにしています。

Windows7壁紙