2019-08-14_WindowsUpdate

こんにちは、コンピュータケア愛媛です。
2019年8月14日(水)は第2火曜日の翌日=月例アップデートの配信日でした。
お盆で少し遅れましたが、2019年8月分の月例アップデート情報をお届けします。

2019年7月の月例アップデート情報

※当社では5つセットで確認を推奨しているため、5つすべて取り上げています

WindowsUpdate情報

▼解説記事
窓の杜 2019年8月14日 14:30
Microsoft、2019年8月の月例更新を発表 ~BlueKeepに似た“ワーム可能な”脆弱性に注意

▼Microsoft 公式情報(日本語)
Microsoft Security Response Center > 2019/08/14
2019 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例) – Microsoft Security Response Center
(注)公式URLが2019年7月から technet から msrc-blog(Microsoft Security Response Center) に変更になっています。

Adobe Flash Player アップデート情報

アップデートが配信されたものの、今月もセキュリティに関する修正がなかったようです。

の3つを確認しましたが、記事が出ていませんでした。

本日のアップデートで Flash Playerの最新バージョンは「32.0.0.238」になりました。
adobe-flash_32.0.0.238

▼バージョン確認方法
(1)コントロールパネル>「FlashPlayer(32ビット)」>「更新」タブから確認
または
(2)flash version test

  • Windows 8.1~10 の IE11 と Windows 10 の Edge では、WindowsUpdate で更新されます(手動作業は不要)。
  • Chrome では、ブラウザ自体をアップデートすれば Flash も更新されます。
  • Firefox では、仕組み的には手動アップデートですが、メンテナンスサービスを停止していない限り、自動更新されます。

もし自動アップデートがうまく働かない場合は 公式ダウンロードセンター から手動でアップデートしましょう。

Adobe Acrobat Reader DC アップデート情報

先月はアップデートなしでしたが、今月はアップデートありです。

▼解説記事
窓の杜 2019年8月14日 11:00
Adobe、月例セキュリティ情報を発表 ~「Adobe Acrobat」や「Adobe CC」ファミリーは更新を

▼Adobe 公式情報(日本語)
Adobe Security Bulletin > APSB19-41

本日時点の最新版は「2019.012.20036」です。
adobe-reader-dc_2019.012.20035

Java (JRE) アップデート情報

当社の主なお客様層である、小規模事業者様~個人のお客様で Java の利用度が随分減っていることを踏まえて(先月の予告どおり)更新を終了させていただきました。
(次回から項目自体を削除予定です)

Webブラウザのアップデート情報

Windowsに最初から入っている Microsoftのブラウザ(IE, Edge)以外で主要な2つを取り上げておきます。
Chrome も Firefox も「ヘルプ>(ブラウザ名)について」を開くとバージョンアップが走ります。

chrome 76.0.3809.100

chrome_76.0.3809.100
▼公式情報(米国時間の2019/08/06=日本時間の2019/08/07)
Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop
▼解説記事
2019年7月31日 09:30
「Google Chrome 76」が正式公開 ~オムニバーからPWAのインストールが可能に
※公開直後は 76.0.3809.87 だったようですが、その後脆弱性が見つかり、すぐアップデートされて現在 76.0.3809.100 になっています。

Firefox 68.0.2

firefox_68.0.2
▼公式情報(米国時間の2019/08/14=日本時間の2019/08/15)
Firefox 68.0.2, See All New Features, Updates and Fixes
▼解説記事
窓の杜 2019年7月19日 12:30
Mozilla、「Firefox 68.0.1」を公開 ~不具合の修正を中心としたメンテナンス更新
(お盆だからか、単にマイナーアップデートだからか不明ですが、68.0.2 の記事は出ていませんでしたので、68.0.1 へのリンクです)

今月の月例アップデート適用結果(当社PC編)

次の4台で確認を行い、4台すべて正常終了しています。

  • Windows 10 (ver1903) x64 × 3台
  • Windows 10 (ver1809) x64 × 1台

所要時間の目安:i5-8400 PC で約5分、i5-450M PC で約15分でした。(記憶装置は全てSSD)

アップデート関係のトラブル情報

初出時2件でしたが、1件追加しました。

Chrome 76 で Flash がデフォルト無効化された件

chrome76-disable-flash

「不具合ではなく仕様」なのですが、Chrome 76 で Flash がデフォルト無効化されました。
Flash は 2020年末のサポート終了 に向けて、代替技術への移行が進んでいる一方、Flash が使用されているサイトはまだまだあります。
もし Chrome 76 になったことで Flash が動かなくなって困った時は、下記記事で有効化の方法が紹介されていますので、ご覧ください。
ご自身でうまく設定変更できない時は、当社パソコンサポート(有償)でお手伝いさせて頂きますので、お問い合わせ ください。

窓の杜 2019年8月9日 17:58
「Google Chrome 76」では「Adobe Flash Player」がデフォルト無効化 – やじうまの杜

「Windows 7」かつ「Norton」の環境で発生する問題

既知の問題 にひっかかってしまったようです。

PC Watch 2019年8月15日 15:11
ノートン/シマンテック環境のWindows 7でOSが起動しない不具合

当記事執筆時点では解決していないようで「Windows Update を手動実行しないよう推奨」とされています。
該当される方は続報を追いかけてみてください。

VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能になる問題

窓の杜 2019年8月16日 13:00
2019年8月の月例更新プログラムに問題、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能に
8/16時点で解決策は公表されていないようです。
万一該当した場合は、更新プログラムをアンインストールする必要があるようです。

【追記1】
日本時間の8/18に修正プログラムが配信開始されたようです。
ただし「Windows 10 バージョン 1803」と「Windows 10 バージョン 1903」を除く になっているため、継続して確認が必要です。

窓の杜 2019年8月19日 08:00
Microsoft、8月のWindowsパッチが原因でVB6/VBA/VBScriptが動作不能になる問題を修正
「Windows 10 バージョン 1803」と「Windows 10 バージョン 1903」を除く

【追記2】
前回延期となっていた「Windows10 ver1903」向けのVB問題パッチが公開されました。

窓の杜 2019年9月2日 00:15
VB問題を解決 ~Windows 10 May 2019 Update向けオプションパッチ「KB4512941」が公開

【追記3】
上記のパッチを適用すると、別の問題が発生することが発覚しました。

窓の杜 2019年9月4日 05:00
Windows 10のオプションパッチにCPUの高負荷を招く不具合 ~Microsoftが認める(9月6日追記)

【追記4】
上記VB問題+二次障害のCPU高付加問題の両方が 2019年9月の月例アップデートで修正されたそうです。

窓の杜 2019年9月11日 12:00
Microsoft、2019年9月更新を発表 ~VB6/VBA/VBScript問題やWindows検索の高負荷問題を解決

うまく適用できないトラブルが発生した時は

もし1回失敗しても
「PCを再起動してリトライ(再実行)してみる」だけで解決することがありますので、
まずは「再起動」をお試しください。

再起動してリトライを繰り返してもダメな場合:

以上、今月の月例アップデート情報をお届けしました。