PCサポート事例 取引先にメールで写真をうまく送れない

こんにちは、コンピュータケア愛媛です。

今回は「事例紹介」の「PCサポート事例」をお届けします。

PCサポート事例について

PCサポート事例は、当社でサポートさせて頂いた事例の一部をご紹介させて頂くコーナーです。
単純なQ&Aでもなく、パソコン修理でもない、パソコンのサポート(トラブル解決含む)の事例です。

2019年2月にサポートさせて頂いた事例です。
状況とご依頼内容はこんな感じでした。

  • 取引先に仕事の写真をメールで送りたいのに、うまく送れなくて困っている
  • 送りたい写真の枚数は20~30枚程度
  • そのまま送ろうとすると「サイズが大きすぎます」みたいなエラーが出て送れなかった
  • 取引先から、送れないなら「サイズを小さくしてから送ってみたら?」「圧縮してから送ってみたら?」と言われた
  • 写真のサイズを小さくするというのがよく分からない
  • 圧縮するのは不慣れなのでよく分からない
  • 何度も試行錯誤する中で、正常に開けないファイルまで送ってしまったらしい
  • これ以上取引先に迷惑をかけられないので、次こそ1回できっちり送りたい
 次のように1つずつ丁寧にサポートさせて頂きました。
取引先に仕事の写真をメールで送りたいのに、うまく送れなくて困っている
お話しをお伺いしていると、理由(原因)は1つではなさそうですので、順番に1つずつ進めていきます。
送りたい写真の枚数は20~30枚程度
2~3枚くらいだと(サイズにもよりますが)そのまま貼り付けてもいい(一般的に許容される)と思いますが、10枚を超える場合は圧縮してzipファイル1つにして送るのが望ましい(ネチケット)です。
そのまま送ろうとすると「サイズが大きすぎます」みたいなエラーが出て送れなかった
メールサーバーによって、送信できる最大サイズが違っていて、10MBや20MBなど、バラバラです。
よく分からない時は、ひとまず10MB以内にして送ると、ほぼ大丈夫です。
1つ注意点として、添付ファイルで送る時に「梱包」(←例え話)されてサイズが2割増くらいになるため、先に2割減して 8MB くらいにしておくと、メール送信の時に「梱包」されても10MB以内に収まります。
取引先から、送れないなら「サイズを小さくしてから送ってみたら?」「圧縮してから送ってみたら?」と言われた
2つに分けてご説明させて頂きますね。
写真のサイズを小さくするというのがよく分からない
送りたい写真を確認させて頂いたところ、高画質(横幅4000ピクセル以上)で撮影されていたため、◯◯の用途でしたら、1280×1280に縮小しても大丈夫です。
次のフリーソフトを使うと簡単に小さくできます。

「縮小専用。」定番の複数画像一括縮小ツール – 窓の杜

縮小専用。
赤ペンを入れた「1280×1280」(デフォルトなので変更する必要なし)を選択して、右下の少し広いところに写真をドラッグ&ドロップするだけ(書いてある通り)で「1280×1280」以内に縮小されます。

圧縮するのは不慣れなのでよく分からない
Windows標準機能でも圧縮できますので、それを使ってもOKです。
個人的には Lhaplus が使いやすくて愛用しています。

「Lhaplus」定番の圧縮・解凍ソフト – 窓の杜

何度も試行錯誤する中で、正常に開けないファイルまで送ってしまったらしい
実際の操作を拝見したところ、操作ミスだったことが分かりましたので、正しい操作手順をお伝えさせて頂きました。

ブログは要点のみ文字化していますが、実際のサポートでは手取り足取り指差しながら丁寧に解説と操作をさせて頂き、無事1回できっちり解決しました。
お役に立てて幸いです!

当社ではパソコンサポートを1件¥3,000~で行っています。(出張料または宅配便代金別途)
パソコンでお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。